加圧トレーニングの特徴

軽い運動で、何倍もの効果

加圧トレーニングとは、脚や腕のつけ根を専用ベルトで締め付け加圧し、血流量を適度に制限した状態で行うトレーニング方法です。15分くらいの短時間、軽い負荷重量のトレーニングで、通常トレーニングの何倍もの効果をもたらし、筋繊維を傷めないという特徴があります。

高齢者や理場ビリ目的まで、幅広い年齢に安心

低負荷で効果が得られる加圧トレーニングは、若者から中高年はもちろん高齢者まで、そしてトレーニング経験が少ない方や、リハビリ目的の方まで、幅広く、無理なく、安全かつ効果的におこなえるトレーニング方法です。

成長ホルモン分泌、290倍!

筋への負荷、つまり筋繊維間の乳酸の溜まりができると、脳が”筋繊維がダメージを受けた”と認識して、組織再生のための成長ホルモンを緊急出動させます。その分泌量は安静時の290倍!
簡単にいいますと、加圧は全身の血液のめぐりを良くし、成長ホルモンの大量分泌を促すのです。
成長ホルモンは筋肉だけでなく、脂肪の燃焼やお肌の再生にも働きます。特にトレーニング後の30分間は、お肌のゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の再生力を高める成長ホルモンのレベルは最高値に達します。

幅広い健康効果

成長ホルモンはあらゆる組織へ活性を高める働きをするので幅広い健康効果があります。加圧トレーニングにより筋力・心肺機能アップ、ダイエット、骨密度のアップ、免疫力強化、さらにはお肌のハリやツヤを生み出す美肌効果も期待できます。

トレーニング風景